ロマンチックとはほど遠い結婚指輪の選び方。

婚約指輪は節約の為作らず、結婚指輪だけ作った私達。実はその結婚指輪もネットで購入しました。
婚約はしていたものの結婚をする前に子供を授かったことに気づいた私達は、急遽結婚式の日取りを繰り上げて行う事になりました。
結婚式の日取りが早まった為、その際に必要な結婚指輪もすぐに調達しなければならなくなりました。
本来であれば2人で仲睦まじくお店で選びたいところですが、つわり等も始まってしまいそんな余裕がありませんでした。その為手っ取り早いネットでの購入となってしまったのです。
サイズの測り方もネットで調べて自分達で行いました。素材はどうしても私がダイヤを使用した指輪にしたかった為、主人の分はプラチナのみで私の分はプラチナの指輪に小さなダイヤをいくつか埋め込んだものと主な素材は一緒ですが、デザインがそれぞれ違うものとなりました。
ネットで購入してほどなくして結婚指輪が郵送されてきました。見た目も想像通りで2人共気に入ったのですが、主人の指輪だけサイズがぶかぶかで交換することになりました。
当初引っ越しの最中で、指輪を購入した時は引っ越し前の住所で指輪を受け取りました。サイズ交換の為に購入元に一旦指輪を預けたのですが、サイズ変更をしてもらった後は新しい住所に送るようお願いしたのにも関わらず、以前の引っ越し前の住所に送られてしまったことが分かりました。
なかなか指輪が戻ってこないのでヤキモキしていたのですが、何とか前の住所まで行って不在通知書を発見し、無事私達の元へ指輪が返ってきました。
今回の件でネットで指輪を購入するとサイズ変更等何かあった際には不便なことに気づきました。
ロマンチックとはほど遠い結婚指輪選びにはなってしまいましたが、それも私達らしくて今は良かったかなと感じます。